【初めての体験入店】キャバクラでの体入の流れを詳しく解説!

キャバクラで働く

体験入店とは?

体験入店っていうのは、キャバクラで面接の後にお試しで働いてみること。

普通のアルバイトが「面接→シフトを組む→実際に働く」っていう流れだとしたら、キャバクラでは「面接→体験入店→働くか決める→シフトを組む→実際に働く」っていう流れかな。

初めてナイトワークをする人にとっては、まだまだナイトワークのハードルはすごく高いもの。

だからこそ、実際に働く前にお試しで働いて、仕事の雰囲気を掴むことができる体験入店はナイトワーク業界では定番のシステムになってるんだよね。

ちなみに、キャバクラの仕事が合わなかったり、そのお店の雰囲気が自分と合わなかったら、体験入店した後に実際に働くことを断ることもできるよ。

だから、キャバクラで働く上で、初めての人も、そうでない人も体験入店はやっておくべき制度なの。

関連記事『キャバクラで体験入店する時の注意点&チェックしておくこと

キャバクラでの体験入店の流れ

体験入店の流れについては最初に少しだけ触れたけど、ここでもうちょっと詳しく説明していきます!

①面接を受けて採用される

体験入店をするにも、まずは面接を受けることが必須!
面接に合格すれば晴れて「仮採用」ということで、体験入店に進むことができるよ。

この時、身分証を持っていれば面接の後に即日体入もできるから、面接に行くときは必ず身分証明書を持って行っておいてね。
個人的には手間が掛からないから即日体入がおすすめ!

②ヘアメイク・ドレスアップをする

お店専属のヘアメイクさんか美容室に行って、キャバ嬢用のヘアメイクをしてもらってね。

ドレスや小物類は、自分で用意できる人は自前で良いけど、お店によっては無料レンタルOKのドレスや小物もあるから、それを利用するのもOK。
ただ、お店のレンタルドレスは汚かったりダサい場合もあるからできるだけ自前の方が良いかも。

③朝礼で他の女の子との顔見せ

朝礼って言ってもお店の開店前の夕方だけどね。笑

開店前のミーティングで、今日体験入店するキャストっていうことで軽く挨拶することになるから、丁寧に挨拶してね。

お店によっては控え室で朝礼前に他のキャストと会う場合もあるから、そのときは控え室で挨拶しておくと好印象。

④そのお店での接客の基本を教えてもらう

店長か教育担当のボーイさん、はたまた先輩キャストの誰かがオープンの時間までそのお店での接客の流れを教えてくれるよ。

お酒の作り方とか、挨拶の流れとか。後そのお店特有のハンドサインやテーブルマナーも教えてもらうことになるから、メモ帳とボールペンは必須!
とはいえ、開店前の限られた時間だからさっと説明を受けるだけっていうのがほとんどだろうけど。

全部把握できなくても、実際にお店では近くにいるボーイさんがフォローしてくれるから、そんなに固くならなくても大丈夫だよ。

⑤実際にお店で接客する

オープンの時間になったら、実際にお客さんを接客することになる。
まずは控え室に待機で、ボーイさんに呼ばれたらフロアに出るっていう形かな。

基本的にはヘルプ接客って言って、他のキャストの指名客のお客さんを接客することになるの。

④で習った接客の方法を実践しながら、あとはニコニコお客さんとおしゃべりするだけ!

1人のお客さんを接客する時間はだいたい15分だけ。だから、この時間持たせられればひとまずはミッション完了だね。

⑥閉店後、本入店の意思確認

本入店っていうのは、実際にシフトを入れてそのお店の専属キャストとして働くことね。

お店の閉店の時間、もしくは終電までの時間働いたら、その時に本入店の意思確認をされるの。

ちなみに、体入前の面接はあくまでも仮採用で、体入して女の子がOKであればそれで本入店確実っていうわけじゃないの。
体入中の働きぶりも採用基準のひとつだから、真面目に働いてね。

それで、体入の様子もOKだったら、本入店するかどうか聞かれるから、このお店で働きたいと思ったら、本入店を希望してね。

逆に、もし体入して不採用だったら「結果は追って伝えるね〜」みたいな感じで意思確認ははぐらかされる。笑

⑦体入の給料を受け取る

⑥と⑦はお店によって逆、もしくは同時のパターンもあるけど、体入中はちゃんと時給が発生するからちゃんとお給料は受け取れる。

働いた時間×時給がもらえるかと思いきや、税金やレンタル代が引かれるから、そのままの額面ではないことに気をつけておいてね。

ここで当日にちゃんと全額支払ってくれないお店は、本入店後もピンハネされる可能性がないとは言い切れないから、本入店を断るのも良いかも。

⑧帰宅・送り待ち

終電、または徒歩で帰る場合はそのまま帰宅してね。

終電がない場合は、お店が用意してる車で帰ることになるから、控え室で送迎を待つことになる。
希望した場所に送り届けてくれるから、親バレが嫌な人は自宅の近くの家族に見つからない場所か、最寄駅を選んで送り届けてもらって。

これで体験入店は終了!

キャバクラで体入する時は基本的にヘルプ業務

さっき⑤で説明したキャバクラの体験入店での接客。

基本的にはヘルプ業務って言って、先輩キャストの指名客を、その先輩キャストが他のテーブルを周ってる間退屈させないためのつなぎ役なの。

キャバクラの体入って、特に初めての人はどんな難しいことさせられるんだろう…って不安に思う人も多いかもしれないけど、大丈夫。笑

初めての人にそんな重要な仕事とか難しい仕事を任せる店はないから。笑

基本的には、お客さんと世間話ができればオールオッケー!

お店によってはフリー客っていう、ガンガン営業かけて良いお客さんを任されることもあるけど、体入中の子にまで営業を強要するお店はない。
だから、初めての体入だからって気張らずに、落ち着いて接客してね。

キャバクラへの本入店を辞退する場合は当日中に

体入をした結果、もし辞退したい場合は、当日中に断っちゃいましょう。

なぜなら、体入した時点で、お店側としてはあなたが前向きにこのお店で働こうと思ってると受け取ってしまうから。

だから、当日中にきっぱり働かない意思を伝えたほうが、お店も次の採用に踏み切ることができて迷惑がかからないの。

きっぱり断るって、難しく感じるかもしれないけど、断り方は色々あるよ。

・キャバクラの仕事自体が合わなかったので辞退させていただきます
・他のお店と比較して考えたいと思います

こんな風にね。
特に2つめは「それきっぱりじゃないんじゃ…?」って思うかもしれないけど、お店側はこれで断られたと受け取ってくれるところがほとんど。

ちなみに、待遇や給料を理由にするとお店側はあなたの都合が良いように譲歩してくる可能性もあるから理由としては避けたほうが無難。

体入して断りづらいと思っても、その後そのお店で働いて自分が嫌な思いするくらいなら、体入の後にきっぱり断って次のお店や仕事を見つけてね。