福岡県博多区・中州エリアのキャバクラの特徴─時給・客層・キャスト

福岡県・中州&小倉のキャバクラ

中州エリアってどんな場所?

中洲は九州の中でも夜の街っていうイメージが強い場所で、例えで言うと東京の歌舞伎町や大阪のミナミみたいな感じかな。

だからキャバクラの店舗数もかなり多くて、地元のお客さん、観光客のお客さんなどなど、毎晩いろんなお客さんが中洲のキャバクラに遊びに来るの。

私たち九州出身のキャバ嬢にとっては、中洲でいちばんのキャバ嬢になるってことは九州トップクラスの売れっ子キャバ嬢の仲間入りできると言っても過言じゃないくらい。

九州で売れっ子キャバ嬢になりたいなら、中洲を選ぶのはすごくおすすめ!

私も今中洲のキャバクラで現役で働いてるんだけど、話題性が高いからか毎日本当にたくさんのお客さんが来るんだよね。

ということで、この記事では中洲のキャバクラ事情について紹介していきます!

中州エリアにあるキャバクラの時給相場

基本的にキャバクラって、都会であればあるほど時給は高くて、逆にそんなに栄えてないエリアだと時給ってどんどん安くなっていくの。

だから東京や大阪の一等地に比べると、九州のキャバクラの時給ってそこまで高くはないんだけど、中洲は別。

人気エリアっていうこともあって、中洲のキャバクラ、特に有名店や高級店では東京や大阪の一流店に負けず劣らずな時給で働けるお店もあるの。

だから中洲のキャバクラの時給相場で言うと、だいたい3,500円〜4,500円くらい。

高級店になると時給5,000円を超えるお店もザラにあるエリアなんだよね。
だからとにかく稼ぎたい!って思ってる人にとっても、中洲エリアのキャバクラはすごく良いお店がたくさんあっておすすめ。

中州エリアのキャバクラの客層

中洲エリアのキャバクラの客層は基本的にはサラリーマンが中心。

居酒屋や博多で有名な屋台が多いエリアでもあるから、平日でも休日でもサラリーマンや地元の飲み好きな人が遊びに来て飲んでから、キャバクラに行くっていう流れが多いみたい。

それから、最近では中洲がキャバクラで有名な街ってことが全国的にも広まってるみたいだから、中洲に観光や出張に来た人も多い。
『かの有名な中洲のキャバクラで遊んでみたい!』みたいな感覚だね。

だから私がお店に出てる時も、常連さんはもちろんだけど新規のお客さんもかなり多くて、自分のお客さんを作りやすいのもキャバ嬢にとって働きやすいポイントかも。

年齢的には、30代から50代までかなり幅広め。
20代のお客さんもたまに来店することもあるけど、若いお客さんにはガールズバーの方が人気みたいで、他の年代に比べるとかなり来店者数は少なめだね。

中州エリアのキャバクラで働くキャストの傾向

中洲のキャバクラで働くキャストは若い女の子が中心なんだけど、その目的は様々。

バイト感覚で始める学生もいれば、意外と多い副業目的の人、それから本業としてキャバ嬢の仕事をやってる人、とね。

年齢層の中心は20代前半くらいなんだけど、特に中洲のキャバクラは美人なキャバ嬢や接客上手なレベルの高いキャバ嬢が多い場所。

九州のキャバクラの有名エリアであるっていうのもその要因なんだろうけど。

だから、経験豊富な20代後半のキャバ嬢もかなり人気がある。
私が働いた感想としては、やる気と実力さえあれば中洲のキャバクラでは年齢関係なく働けるところが多いって感じかな。

まあ、当然それは他のエリアでも当てはまる話だろうけど(笑)

お店によってもキャバ嬢の働き方は違って、シフトやノルマがゆるいところでは学生が多いし、高級店になると本業のキャバ嬢が多い。
だから、中洲でキャバ嬢をやるには、自分の働き方とか目的に合ったお店を選ぶことを最優先に考えるのがおすすめだね。

中州エリアの特徴-まとめ-

中洲エリアのキャバクラの特徴にまとめると、こんな感じ。

・九州トップクラスの人気エリアで売れっ子キャバ嬢が現役で多数働いている
・時給相場は3,500円~4,500円と東京・大阪の一等地と比べても遜色ない
・サラリーマン・観光客が客層の中心。新規のお客さんも多いから接客しやすい
・可愛い系から美人系、学生から本業まで様々なキャストがいる。

こんな風に、中洲はキャバクラの店舗数が多いからこそ、目的や働き方、キャストやお客さんの雰囲気もかなり幅広いの。

年齢に縛られずに働けるお店も多いから、九州・中洲でキャバ嬢の仕事をしようと思ってる人は、自分に合ったお店を選んで楽しいキャバ嬢ライフを送ってね。

⇒関連記事『【九州エリア】中州・小倉のキャバクラに特化した求人サイト5選