入店ホヤホヤな新人キャバ嬢の為の『保障期間と保証時給』って何?

キャバクラで働く

「保障期間・保障時給」は新人キャバ嬢の為にある

キャバクラの求人を見ると「○ヶ月の保障期間(時給)あり」って書かれてるものを見たことがない?

保障期間、保障時給って初めて聞く人にとってはピンとこないかもしれないけど、どっちも新人キャバ嬢のために作られたシステムで、未経験の人にとってはすごく嬉しい制度なの。

特にキャバクラって、売上を出せれば給料は高くなるけど、出せなければ給料は上がらない、むしろ下がっていく実力社会だよね。

そんなキャバクラ業界に最初は不安に感じる人が多いかもしれないけど、この保障期間や保障時給があれば安心!

ここでは、そのキャバクラでの保障期間や保障時給について紹介していきます!

保証期間はだいたい1~3カ月

保障期間っていうのは、一定期間はどんなに売上が悪くても決められた時給は保障される制度のこと。

保障期間がだいたいどれくらいなのかというと、平均すると1〜3ヶ月くらいかな。

1ヶ月って言うと短く感じるかもしれないけど、レギュラーで働いてるとそれなりにお客さんを増やせる期間設定だし、この期間は特別時給が高いって言うパターンもある。

この保障期間の間にたくさん接客して、高収入をゲットしながら自分の指名客を増やしていくことで、保障期間が過ぎても変わらず高時給で仕事をすることができるの。

保証期間中は時給が下がらない

キャバクラではその月々の売上によって時給が変動して、もし売上が出せなければ時給は下がっていくんだけど、新人さんはまだ自分のお客さんもいないから、時給が下がりがち。

けど、この保障期間の間はどんなに売上が悪くても、時給が下がることはない!

特にキャバクラでの仕事って、最初の売れてない下積み期間の間で気分が滅入っちゃってすぐに辞めちゃう人が多いんだよね。

けど、保障期間があれば、「保障期間の間だけは頑張ろう」っていう気分になる。
その間に接客に成功すれば、今後も働いていくモチベーションになるよね。

保証時給は女の子によってバラバラ

保障時給っていうのは、そのお店で働けば最低これくらいの時給は必ず保障されるっていう金額のこと。

保障時給は期限(保障期間)が決められてるところもあれば、永久的に保障時給が決められてるお店もあるよ。

保障期間、保障時給はキャバ嬢にとってはすごく嬉しいシステムだから、最近の求人ではそれを明記してるものがかなり増えてるんだよね。

その保障時給がどれくらいかは、お店、キャストのレベルによる。

見た目や接客レベルが高ければ保障時給もそれなりに高いけど、逆に見た目も接客レベルも平均値だったら保障時給もそこまで高くはない。そこはお店の人の判断によるところだから一概にどれくらいの金額とは言えないけどね。

けど、どちらにしても保障時給があればその金額は確実に稼げるということ。
そこから時給を上げていくためにはどうすれば良いのか計算したり、目標を立てやすいから保障時給があることに越したことはない!

新人キャバ嬢が保証期間中にやっておくこと

ただ、気をつけておきたいのが保障期間があるからと言ってぼけっとしてると、いつの間にか保障期間が過ぎて時給はどんどん下がっていくっていうこと!

保障期間制度は新人キャストに優しい制度だけど、そこからどう頑張るかが、キャバ嬢としての売上の命運を握るところなんだよね。

その保障期間中にするべきことは、とにかく接客して、自分のお客さんを作っていくこと。

自分の顔をお店で広めていって、自分を知ってくれるお客さんを増やすことで、指名客を増やしていってね。

けど、中には保障期間があるって言っても「保障期間を過ぎたら時給が下がるリスクがあるのはイヤ!」っていう人もいるかも。

そうしたプレッシャーに弱い人は、キャバクラ派遣っていう働き方を選ぶのもおすすめ。

キャバクラ派遣を選べばノルマや時給ダウンのリスクを感じることなく、働くことができる。

当然指名をバンバン取るような売れっ子キャバ嬢に比べればその収入は決して高くはないけど、安定を取りたいなら派遣キャバ嬢もおすすめ。

派遣キャバ嬢の働き方については『キャバ嬢の働き方『キャバクラ派遣』はNOストレス!@中州』でもうちょっと詳しく説明してるから、興味がある人はそっちもチェックしてみて。