キャバクラの“指名”の仕組みを知る【本指名・場内指名・指名被り】

キャバクラで働く

目当てのキャストが決定しているお客さんの指名=「本指名」

指名って言っても、キャバクラでは指名には2種類あって、そのひとつが本指名。

目当てのキャストがいて、その子に会うために来店して指名することを本指名っていうの。

売れっ子キャバ嬢ほど本指名のお客さんが多くて、お店側も本指名の本数でキャバ嬢の時給やランクづけをしてるところもあるよ。

だから、本指名のお客さんをどれだけ増やせるかが、キャバ嬢にとってはすごく重要なポイント。

お店によっては、本指名の場合は高額な指名バックがつくお店も多いしね。

キャバ嬢になるからには、自分を本指名してくれるお客さんを出来るだけ増やして、稼げるキャバ嬢になっていくことが重要になってくるの。

本指名のお客さんは「〇〇(キャストの名前)の指名客」って言うところが多いよ。

フリー客につけ回しでついたキャストを指名=「場内指名」

指名客の逆が、フリー客。
フリー客っていうのは誰か特定のキャストを目当てに来てるんじゃなくて、ふらっと立ち寄った新規客や、特定のお気に入りのキャストがいないお客さんのこと。

フリー客は誰かのお客さんじゃないから、自分の指名客にできるようにどんどん営業していってOKなんだけど、もしそこで営業が成功した場合。

最初は指名なしで「つけ回し」でついたキャバ嬢を気に入ったら、お客さんは場内指名してそのキャバ嬢を指名することができるんだよね。

フロアに入って、テーブルに着いた段階で指名するから場内指名っていう言い方をするの。

場内指名の場合は本指名ほどバックの配分や評価は高くはならないけど、それでも次来店した時に本指名客になってくれる可能性大!

意外とその場のノリで場内指名を入れてくれるお客さんも多いから、営業には力を入れてね。

つけ回しとは?

ここで出てきたつけ回しっていうのは、ボーイの仕事のひとつ。

フリー客が来店したときに、ボーイがそのお客さんにつけるキャバ嬢を決めることを言うの。

セット料金の時間およそ1時間の間で、3〜4人のキャストを交代で回しながら付けるから、つけ回し。

つけ回しがうまいボーイだと、お客さんの好きそうなタイプをとっさに判断して、今待機中のキャストからうまくつけてくれる。

けど、どこのお店もそうそううまく行くことはないから、そこは巡り合わせだけどね。笑

どんなお客さんが自分に相性が良いのか確かめるためとか、次は本指名をくれそうなお客さんを見つけるためにはフリーのお客さんに付くことが最大のチャンス!

どんなお客さんにでも対応できるようにすることがキャバ嬢としての接客技術を磨くことでもあるから、つけ回しに失敗されたと思っても、営業することは欠かさないでね。

つけ回しでついたキャストを延長することも可能

そして、もしつけ回しが成功して、フリーのお客さんに気に入ってもらったら、延長することできる。

普通はセット料金内で15分ずつくらい交代で付くところ、場内指名を入れてもらえればそのままそのお客さんを接客することができる。

そうなれば、営業チャンスの時間が2倍に増えるということだから、さらに頑張って営業をしていってね。

場合によっては、そのままドリンクを入れてくれたり、セット料金の時間が過ぎても延長してくれる可能性もある。

そうなると売上バックをもらえる可能性もどんどん増えるから、その場でお客さんを盛り上げて、どんどん稼いでいってね。

キャバクラでは「ダブル指名」も稀にある

お客さんの中には、特に気前が良い人や団体で来店したお客さんになると、ダブル指名って言って、複数人のキャバ嬢を一気に指名する場合もあるの。

まさに両手に花体験をしたいお客さんが多いね。
あとは、接待相手をヨイショしたい時とか。

そんな時は、指名されたキャスト同士で連携しあいながらそのお客さんをおもてなししていく。

私もダブル指名、一度だけ受けたことがあるんだけど、その時は某会社の接待。

接待だから露骨に営業したら嫌がられるし、接客中は一緒に指名された子ととにかく協力しあって接待相手のお客さんを持ち上げまくってた。笑

そのあと、その接待は成功したらしくて今度は接待してた会社の人がお礼ついでに普通に来店されたから、その時はとにかく営業しまくったけどね。

人気キャバ嬢は指名被りする事も多々ある

それから、人気のキャバ嬢になると指名被りすることも当たり前。
指名被りっていうのは、そのキャバ嬢を本指名するお客さんがほぼ同時に来店すること。

自分を本指名してくれるお客さんがたくさんきてくれるのはありがたいことではあるんだけど、お客さんから見るとそうではないの。

自分が好きなキャバ嬢が他のお客さんからも好かれてるってなると、あんまり良い気分になる人は少ないんだよね。
男の独占欲ってやつかな。笑

その指名被りが原因で、お客さんが帰っちゃったり、他のキャバ嬢にころっと指名替えしちゃうこともあるんだよね。

だから、指名被りした場合は、席に着く時間が短い分そのお客さんに誠心誠意で接客しないといけないの。

指名被りした時の対応策

あんまりにも指名被りするようであれば、他のテーブルも回らないといけないことに対して、指名客一人一人に申し訳なさそうに振る舞う。

「ごめんなさい、ずっとここにいたいんだけどお仕事しなきゃ…」って、あえてお店のせいにしちゃうとか。笑

そのお客さんに対して特別感とか、好意を伝えるようにすると指名被りしても不快な気持ちを和らげることができるから、あくまでもお客さん一人一人を大切に。

お客さんは好きなキャストに特別扱いされてると感じたら、さらに夢中になってくれる人が多い!

自分が特別で、他のお客さんのところに行ってるのはあくまで仕事だから。
そう思い込ませるのがポイントだね。

中州で働くアイドル級の人気キャバ嬢を別の記事で紹介してるので読んでみてね!

キャバ嬢にとって「指名数」は売り上げの基本

キャバ嬢にとって指名はすごく重要なもの。
その指名の中でも、キャバ嬢にとっていちばん嬉しい指名が本指名。

そのお店での評価も、指名本数が一番重要視されることが多いし、売上の要でもあるしね。

だからキャバ嬢として売れっ子になるために指名本数を稼ぐことは基本中の基本なんだけど、数を稼ごうと思って指名1本1本をないがしろにしてると、指名は取れない。

あくまでも指名1本、お客さん1人1人を大切にすることを忘れないことで、どんどん指名本数は増えていくの。

これからキャバ嬢の仕事を始めようと思ってる人は、本指名の数を増やすために、まずはフリー客の接客を大切にすることからはじめていってね。