キャバクラで体験入店する時の注意点&チェックしておくこと

キャバクラで働く

キャバクラに友達同士で体入する時の注意点

キャバクラの求人の中には、「友達同士で応募OK!」って書いてあるところもあるよね。

特に初めてのナイトワークの世界、友達が一緒にいた方が心強いと思う人もいるかもしれないけど、これ、注意点もあるんだよね。

友達同士で体入するときは、こんな恐れもあることを知っておいてください!

自分と友人の両方が採用されるとは限らない

友人同士だからビジュアルも接客のうまさも全く一緒とは限らないよね。

特にキャバクラでは見た目も接客のうまさも採用基準のひとつだから、自分と友人の両方が採用されるかどうかは保証できないことなんだよね。

そうなるとめちゃくちゃ気まずくなるのは明白。
友情にヒビを入れないためにも、友人同士で応募しないか、片方だけ採用されるパターンもあることを覚悟しておいた方が良いね。

2人の時給を均一にされる

もし片方がキャバクラ経験者で見た目も美人で接客上手、もう片方がキャバクラ未経験で見た目も接客技術も普通かそれ以下。

その場合、もし1人ずつ面接に来ていたら前者の方が高時給でスタートできることがほとんどなんだけど、友人同士で応募してたら、時給に差が出ると角が立つ。

このとき、どっちの時給に合わせるかと言うと、ほとんどのお店は後者の未経験時給に合わせられる。

だから、本当はもっと高い時給でスタートできたはずなのに友人と一緒に応募したことが原因で安い時給でスタートする可能性もあるの。

自分と友人の片方がチヤホヤされる可能性

同じ条件で働き始めたとしても、片方の方が見た目が良かったり、接客がうまかったことが理由で片方だけお店でちやほやされる可能性もある。

そうなると、もう片方は嫌な気分になったり、何かと比べられちゃったり。

この場合も友情にヒビが入っちゃう可能性大!

どうしてもキャバクラ業界は人気や売上で優劣が付きやすい世界だから、友人だけがどんどん上のランクに…そうなるとお給料も待遇も全く違ってくる。

特によく知ってる仲が良い子だからこそ、劣等感はさらに強くなるよね。

友達同士で体入すると店に馴染めない

女の子同士は近くに仲が良い人がいたらずっと一緒にいるよね。
それは私も同じなんだけど。笑

けど、そうなるとキャバクラの体入ではずっと友達と一緒に話し続けたりして、他のキャストやお店の雰囲気に馴染もうとしなくなっちゃう。

だから、いつまでたってもお店の雰囲気や他のキャストと馴染めないまま孤立状態になるから、それも避けたいところ。
もし聞きたいことがあっても聞きにくい雰囲気になっちゃうよね。

複数のキャバクラで繰り返し体入する場合の注意点

体入はお店の雰囲気やキャバクラでの仕事の雰囲気を確かめるもの。

だから、人によっては最初のお店が自分に合わなかったら違うお店に行った方が良い場合もあるよね。

けど、複数のキャバクラで繰り返し体入する場合にも注意点があるの。

体入した先のキャバクラが自分に合わなかったらどうしようと考えてる人は、複数店舗体入するときの注意点についても知っておいてね。

小遣い稼ぎで体入を繰り返すと『体入荒らし』に

体入をする上で気をつけたいのが、「体入荒らし」にならないこと!

体入荒らしっていうのは、キャバクラの体入でもらえる給料を目当てに、日払いバイト感覚で体入しにくる人のことを言うの。

お店側はそのお店で働く気もない人に体入時給を払いたくないから、体入荒らし認定されてる人にはそもそも体入させない。

面接する時間も無駄だから、面接すら受けさせないっていうお店もあるよ。

体入荒らし認定される条件としては、そのエリアで何店舗(目安としては5店舗〜くらい)も体入して、全部断ってるっていうのが一般的かな。

当然エリアによってそのあたりの基準は違うけど。
店舗同士で情報共有していて、体入荒らしはそのエリア一帯のキャバクラでブラックリスト入りしてることが多いんだよね。

体入を繰り返して「体入荒らし」としてブラックリストに載るくらいなら、絶対派遣のキャバ嬢として働いた方がおすすめ!
体入と同じく日払いで貰えるし、派遣のキャバ嬢なら基本的に単発勤務だからお小遣い稼ぎにはピッタリ!

詳しくは『キャバ嬢の働き方『キャバクラ派遣』はNOストレス!@中州』を読んでみてね♥

体入で比べるキャバクラの店舗数は2、3個にする

もし体入をして複数のお店で比べて決めたい場合は、店舗数は2〜3店舗くらいに絞るのがおすすめ。
1、2店舗くらいじゃお店側も体入荒らし認定はしないしね。

だからキャバクラで働くときは事前の下調べは超重要!
求人をよく読むことはもちろんだけど、そのお店のお客さん向けのホームページや口コミもチェックして、よく考えて候補を絞ってね。

キャバクラの体験入店時にチェックしておくこと

ここまで体入するまで、体入そのものの注意点について紹介してきたけど、実際に体入中にチェックするべきポイントもあるの。

体入はたったの数時間。
このポイントを意識しておかないと、本入店してから嫌な思いをしたり、ブラック店だっていうことに気づくことになっちゃうかもしれない。

だから最低限この4つには気をつけておいてね。

黒服の働きぶり

キャバクラの運営は黒服(ボーイ)がカギになってるって言っても過言じゃない。

そんな黒服が、真面目に働いてるか、キャストに対して雑な態度を取っていないかどうかはすごく重要なの。

特に、黒服はキャスト管理って言って、キャストの仕事を管理する仕事も担当してるからキャストとは密接に関わることになる。
そんな黒服がキャストに雑な態度をしてるようならそのお店は入らない方が良いよ。

キャスト同士の雰囲気

キャスト同士の雰囲気も超重要。
キャスト同士が仲良さそうなお店なら、人間関係にもちゃんと気を配ってる良いお店だけど、控え室が殺伐としてたら危険。

例えばずっと無言だったり、空気が重苦しいとかね。
特にキャバクラは人気ではっきり優劣が付くから争いが起きやすいんだけど、どうせ働くなら人間関係にも気を配られた和やかなお店を選びたいよね。

キャバクラに来るお客さんの層

お客さんも超重要。お店のランクやコンセプトによって、お客さんの雰囲気もかなり変わってくるの。

例えばリーズナブルなお店は若い人が多くて、高級店は高収入なお客さんが多いとか。

高級店は未経験からいきなり働くのは難しいけど、そのほかにも衣装やキャストの雰囲気、立地で客層は変わってくるから、実際に体入して見極めるのが一番!

自分が接客しやすい雰囲気のお客さんが多いか、はたまた変なお客さんが来ないかどうかも確かめておいてね。

キャバクラ店内の清掃具合

基本的にキャバクラの店内の清掃は黒服がやってるところがほとんど。

だから、清掃具合を見ることは黒服の働きぶりを見るのと共通してることなんだけど、特にキャバクラは接客業だよね。

だから、お客さんが足を踏み入れるフロアやトイレ、それからお客さんに出すものを用意するキッチンの清潔感は重要なの。

なぜなら、そこの清掃具合を見ることでそのお店のお客さんに対する経緯や接客の構えを知ることができるから。

どうせ働くなら、お客さんに対して真面目に向き合ってる人が多いお店を選びたいところだよね。