キャバ嬢にとって「同伴」と「アフター」のメリット・デメリットとは

キャバクラで働く

キャバ嬢にとっての「同伴出勤」とは

普通は直接お店に出勤するところ、お客さんと外で待ち合わせをして、軽くデートをしてから一緒にお店に行く。
これが大まかな同伴出勤の流れ。

お客さんを同伴して出勤することから、同伴出勤っていう言い方をするの。

同伴出勤をすれば、お客さんは好きなキャバ嬢と外でゆっくり話すことができるし、キャバ嬢にとっては同伴出勤すればバックがもらえるお店がほとんど。

それに、お店から見ればキャストが確実にお客さんをお店に連れてきてくれることになるから、お店にとっても大助かりの制度なの。

だからお店によっては同伴ノルマがあるお店もあるから、『ノルマがあるお店は嫌だ!』と思ってる人は、同伴ノルマの有無について働く前からチェックしておいてね。

同伴出勤のメリット

・同伴バックがもらえるお店が多い
・売れっ子キャバ嬢ということで注目される
・指名客を直接お店に連れて行くことができる

同伴すればまず同伴バックをもらえるし、ノルマがあるお店ではノルマ達成に繋がる。

それから、もし同伴出勤すれば、ボーイさんが盛大に出迎えてくれるの。
「舞花嬢出勤でーす!(拍手)」みたいな感じでね。

だから、先に来店してるお客さんから見ると「あの子人気なのかな」って注目してもらえるの。

出迎えのシステムはお店によって違うけどね。
それに、同伴出勤で連れてきたお客さんは、ほとんどが自分を指名してくれる。

自分を指名してくれるお客さんを連れて行くことが出来るから、お店の中での自分のランキングにすごく良い影響が出てくるっていうのが嬉しいところだね。

同伴出勤のデメリット

・同伴バックは決して多くはない
・プライベートの時間を削らないといけない

同伴バックはほとんどのお店が2〜3千円程度だから、決して多くはない。

お店で1時間働けば、余裕で稼げるくらいの金額だからバックがあるとはいえ時給換算すればお店で働く方がよっぽど効率が良いんだよね。

それに、普段はプライベートであるはずの出勤前の午後〜夕方の時間をお客さんと、キャバ嬢として過ごすことになるからプライベートの時間が削られるのも辛いところ。

キャバ嬢にとっての「アフター」とは

アフターは、同伴出勤とは逆にお店の営業が終わった時間にお客さんと出かけること。

お客さんから見れば、アフターは同伴とは違って時間の制限がないし、キャバ嬢とゆっくりおしゃべりが出来るっていうことを考えるとメリットがすごく多いもの。

キャバ嬢から見ても、アフターに応じればそのお客さんともっと仲良くなれるしね。

だからアフターも営業のひとつとしてすごく効果的ではあるんだけど、正直、キャバ嬢にとっては同伴出勤に比べてメリットが少ないものでもある。笑

アフターのメリット

・お客さんとさらに親密度を高められる
・次の指名を約束してもらうことも可能

こんな風に、アフターはあくまでも仲良くなるための手段みたいな位置付けで、同伴みたいに直接お店に連れて行くことが出来るなんてことはない。
だから仲良くなりたいお客さんに今後も贔屓にしてもらうための「アフターサービス」っていうのがキャバクラでのアフターの正しい認識だね。

アフターのデメリット

・バックはつかないお店がほとんど
・夜にで歩くことになるから危険
・プライベートの時間が削られる

お店に直接の利益はないから、バックがつかないお店がほとんどなんだよね。
ただ、最近ではアフターにもバックがあるお店が増えてるみたい。

それに、夜にお客さんと二人で出歩くことになるから危険だし、プライベートの時間…特に睡眠時間が削られる。

だから、正直私もアフターには行きたくないけど、今後も来てくれそうなお客さんに誘われたら行くっていう風にしてるよ。

同伴もアフターも信頼できるお客さんだけにする

同伴とアフター、どっちも営業の一種なんだけど、どちらに関しても言えるのが、信頼できるお客さんに限ること。

どっちもお客さんと二人で出歩くことには変わりはなくて、そうなると、お店では自分を守ってくれていたボーイや店長の目がなくなる。

万が一お客さんが無理やりホテルに連れて行こうとしたとしても、自衛しないといけなくなるっていうことなんだよね。

だから同伴もアフターも、営業としてはすごく効果的だけど、行くときはちゃんと信頼できるお客さんに絞ること!

もし信頼できないお客さんとか、まだ2、3回程度の来店であんまり仲良くないお客さんだったりしたら断ってもOK。

店長やボーイも、大事なお店のキャストを危険な目には合わせたくないから、信用のないお客さんのアフターを断っても特に何も言われないから安心して。

同伴、アフターを断るときは、「私はお店関係なく、今後も付き合っていきたいと思ってる人としか同伴(アフター)はしてないの」って申し訳なさそうに言うと効果的だよ。